歯周病治療 | かわもと歯科・こども歯科クリニック(広島市、玖村駅、歯科医院)口コミのある歯医者

電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

歯周病治療

お口の中の状態をしっかり検査し把握した上で、
専門の歯科衛生士が担当して治療を行います

歯周病は知らないうちに歯ぐきの骨がなくなる恐ろしい病気です

歯が変色する理由

歯周病は、慢性疾患です。
日本人の35歳以上の80%が歯周病に罹患していると言われています。

歯茎が腫れる、歯茎から血や膿(うみ)が出る、歯がグラグラする、等の症状は歯周病です。
重度になると歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病は一度かかってしまうと完治は難しく、“継続した治療”が大切となります。
しかし継続した治療を維持することで、大半の歯周病は状態を改善することができます。

口腔内の状態は患者さんによって違います。
お一人おひとりに合った治療プランをご提案いたします。

歯科衛生士による専門治療

歯が変色する理由

歯周病は、プラーク(細菌の塊)が溜まることで進行を招きます。

プラーク(細菌の塊)は次第に、歯石やバイオフィルムという集合体を形成し、いったん出来てしまった歯石やバイオフィルムは歯磨きだけでは除去できません。

この歯石やバイオフィルムを除去するには、歯科医院の専門器械を使った施術が必要となります。

PMTC

歯が変色する理由

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の頭文字で、歯科医院で専門的に行う、お口のケアプログラムのことです。

細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成し、いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きだけでは除去出来ません。

ふだんの歯磨きでは取りきれない歯の着色・汚れを落とし、本来の白く輝く色を取り戻します。

出来てしまったバイオフィルムの除去にもつながります。 口臭や虫歯、歯周病予防の効果にもつながります。

歯周内科治療

歯周病治療といえば、昔から歯磨き指導と歯石の除去、または歯周外科という手術を行う治療法が主でした。

しかし、この基礎的な治療をしても、一生懸命歯磨きしても、歯肉の炎症が取れず、腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。

ところが、歯周病を薬で治す治療法がみつかったのです。
原因である菌を特定し薬でその菌を退治する治療法です。

歯周内科治療は、一般的な歯周病の治療に内科的治療が加わった歯周病治療です。

位相差顕微鏡による菌の確認

歯が変色する理由

口腔内にはさまざまな細菌が存在しています。

歯周内科治療は位相差顕微鏡を用いて原因菌を調べることから始めます。
歯周病は感染症ですから、原因を突き止めることができれば、より適切な対処ができます。

画像
画像

薬剤の処方

内服薬

画像

1日に1回2錠を3日間服用します。
歯周病嫌気性細菌に対して強い抗菌力を発揮する抗生物質で、細菌の蛋白質の合成を阻害することで、その増殖を抑えます(静菌作用)。

薬物自体が備えている食細胞を利用したドラッグ・デリバリー・システム(ファゴサイトデリバリー)により 感染局所に集中して留まり、長期的に強い抗菌力を発揮します。

洗口剤

当院で使用する殺菌水は、10秒の洗口で殺菌効果が確認された口腔機能水のことです。 この殺菌水により、バイオフィルムに穴を開け、次亜塩素酸で直接細菌を殺菌します。

専用歯みがき剤

真菌(カビ)の除去が目的の天然成分で構成された安全な歯みがき剤です。
アロエやヨモギ、ヒノキ、人参、海藻といった漢方の成分でできており、副作用の心配もありません。

歯周病から歯を守る

内服薬

画像

治療が終了しても、その後また歯周病が再発してしまっては意味がありません。

治療した歯や歯茎の状態を点検(メンテナンス)し、お口全体のクリーニングを行って歯周病になりにくい口腔環境を作っていきます。

国家資格を持った「歯」を知りつくした専門の歯科衛生士が、あなたのお口の健康状態をチェックしたうえで、治療処置を行いますので安心してお任せ下さい。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:00-12:30
14:00-18:00
/
/
/
/
/
/
休診日:水曜日・日曜日・祝日
学会参加等、休診日が変更になる場合があります。
ご予約・お問い合わせはこちら
かわもと総合歯科クリニックの外観
フッターオファー
© 2019 かわもと歯科・こども歯科クリニック