電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

ホワイトニング🦷✨

2019年7月29日

みなさんこんにちは!

はじめまして!

安佐南区・可部・高陽・白木からも通いやすい、安佐北区にある歯科医院(歯科・歯医者)、かわもと歯科こども歯科クリニックの歯科助手・保育士の山本です!☀️

皆さん、梅雨の時期の雨☔️は大丈夫でしたか?

昨年は雨で大きな被害がありましたが、今年はみなさん大丈夫でしたか?

もう梅雨もあけ、ジメジメの暑さからカラッとした暑さに変わってきましたね!!

暑さに負けずにみなさん元気にお過ごしでしょうか?

水分補給も怠らず、夏バテ🥵しないように元気にすごしたいものですね💪🏻

さて、今日はホワイトニングについてお話しをします!

まず、ホワイトニングというのは、歯は表面からエナメル質と象牙質と呼ばれる2つの層からできています!表面のエナメル質は透明なので、歯が黄色っぽくみえるのは主に象牙質の色によるものです!歯の色が濃くみえる時は、大きく分けて2つの理由が考えられます!

①歯の表面のエナメル層についた着色

歯の表面の着色は、クリーニングをすることで綺麗になり、歯の表面を白くすることができます。しかしその時、歯の本来の色である象牙質の色は変化していないのです😢

②エナメル質の内側にある象牙質の色が濃くなっている場合

歯の本来の色である、象牙質の色を変化させなければならないのです!この時、歯科医院🦷ホワイトニングでは、歯の表面から薬剤を浸透させ、象牙質の色そのものを白く変えることができるのです!✨✨歯を削って白くするのでは無いのです!

Question1    なぜ、歯が黄色くなったり、変色するの

歯は組織そのものの老化で黄色くなってしまうのです!!

また、歯の表面に着色がついてしまっても、変色して見えてしまいます😖

着色の原因は、タバコ、コーヒー、お茶、紅茶、赤ワイン、カレーなどがあげられます!

Question2    ホワイトニングにはどのような種類があるの

当院でのホワイトニングには、2種類あります!

①オフィスホワイトニングと②ホームホワイトニングという2種類です!

①オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、1時間くらいの短い時間で光を使って強めの薬剤で行います。強い薬剤で早めに象牙質の色を白くしていきます!

早めに色を変えられる半面で、早く色が戻りやすいところが難点。色むらがでやすい特徴もあります💦

⭕️良い点

・家でするのが面倒な人におすすめ!

悪い点

・知覚過敏がでやすい

・ホームホワイトニングよりは白くなりにくい

💰費用:初回¥25000        2回目以降¥20000

ホームホワイトニングは、マウスピースに弱めの薬剤を塗って、そのマウスピースを付けたままにして、徐々に象牙質の色を白くしていきます!

効果はマイルドで白くする効果も持続しやすいです!

まず、歯型を取ってマウスピースを作ります!

1日最低2時間つけます。それを1〜4週間続ける。期間はどれくらい白くしたいかによって変わります。

毎日ちゃんとしていたら1週間で1トーン白くなります

象牙質内まで薬剤を浸透させることができるため、後戻りが少なく自然な白さが得られます!

⭕️良い点

・後戻りしにくい

悪い点

・白くなるまで時間がかかる

💰費用:25000円(マウスピース+初回ジェル2本付き)

マウスピースの洗浄剤(700円)

トレーさえ綺麗なら何年か後にまたしたいなと思った時、追加のジェルのみ(3500円)購入すれば大丈夫です!😊なので、トレーを綺麗に保つためにも、洗浄剤を毎日使うことをおすすめします!!

トレーにカビが生えていたり使えなかったらまた再度25000円かかってしまいます💦

⚠️ホワイトニングの注意点⚠️

・妊娠中、授乳中の方

・無カタラーゼ症の方(ホワイトニング剤を分解できず、体に蓄積してしまう

・歯に亀裂のある方

これに当てはまる方は避けていただいた方が良いと思います!

🔍実際に当院のスタッフがホームホワイトニング体験してみました!(上下の歯で見比べてみて!)

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:00-12:30
14:00-18:00
/
/
/
/
/
/
休診日:水曜日・日曜日・祝日
学会参加等、休診日が変更になる場合があります。
ご予約・お問い合わせはこちら
かわもと総合歯科クリニックの外観
当院から皆様へご予約に関するお願い〜コロナ感染対策について
当院から皆様へご予約に関するお願い〜コロナ感染対策について
かわもと総合歯科クリニックインスタグラム
かわもと総合歯科クリニックインスタグラム
フッターオファー
© 2019 かわもと歯科・こども歯科クリニック