電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

セラミストというテクニシャン(技工士)をご存知ですか?

2020年5月11日

みなさんは審美歯科という言葉をお聞きになる事があるかもしれません。

勿論、芸能人のように真っ白な歯が審美歯科だと思われるかもしれませんが、
それだけが審美歯科ではありません。
われわれの思う究極の審美とは、やはり天然歯です。

そして、天然歯には一人として同じ歯の形や色はありません。
その違いがその人の個性であり特徴でもあります。

われわれ歯科医師、歯科技工士が追い求める本当の審美とは、
あくまで『天然歯にどれだけ近づけることが出来るか!』なのです。
天然歯と見分けがつかない歯の個性を再現することにあります。

これらの症例は私が治療した患者さんの治療前、治療後の比較です。
分かりやすいように前歯にフォーカスした症例ですが、
基本的に保険の被せや詰め物を、自費のセラミック冠によって
再治療(再修復)した2症例です。
どちらも専門的には矯正治療が必要と考えますが再修復のみで対応しております。
症例集(key note)のコピー
症例集(key note)のコピー2

これらの治療はメリットとして、
見た目の美しさが得られることにありますが、
その反面デメリットもあります。
保険の被せ物と比較してセラミック冠ですと
一本の歯が数万円〜10数万円の費用(高額)となります。
当然、治療期間も当院ですと初めの症例で3ヶ月、
2つ目の症例で6ヶ月の治療期間を要しております。

大変な手間と時間と費用が必要です。

そして本日、当院でセラミック冠を作製してくれる
セラミスト(セラミック専門の技工士)の藤阪氏
実際の患者さんのお口の中で作製途中のセラミック冠を試適して、
歯の色や形を細部まで確認してもらいました。

最終仕上げ前に細かい部分の修正を行う目的で
今回はセラミック冠4本を作製するための大切なステップでした。


これは、そのセラミスト(藤坂氏)が、最終調整のための資料として、
実際のお口の中に入れたセラミック冠の写真撮影をしているところです。

完全オーダーメイドのセラミック冠はこういった手順も必要となります。

そして、歯科医師として自分の仕事に最善を求めこだわっていくためには、
やはり専門のテクニシャン(歯科技工士)とのコラボレーションが必要です。

彼は広島でも数少ないセラミストの一人ですが、
自分の仕事にこだわりを持って取り組んでいる姿勢は
若いのに本当に素晴らしいと思います。

患者さん歯科医師テクニシャン(歯科技工士)、アシスタント
四位一体の共同作業でなければ理想の審美歯科治療は実現できません。

今の私にとって、歯科医師という仕事をに携わる上で
いつも大切にしていることは、
自分の仕事にどれだけこだわることができるか!
自分の仕事をどれだけ妥協せず成長させられるか!
自分の仕事のためにどれだけ学び続けられるか!
自分の仕事のためにどれだけ優秀なパートナーを選べるか!
自分の仕事のためにどれだけ外部の評価を受け改善していけるか!
です。

その中の優秀なパートナーの一人が、
本日共に仕事をさせてもらったセラミストの藤阪氏です。

今後も患者さんの究極の笑顔のために彼のようなテクニシャンと共に頑張ってまいります。

もし、患者さんのお許しがあれば本日の治療結果をご報告したいと思います。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:00-12:30
14:00-18:00
/
/
/
/
/
/
休診日:水曜日・日曜日・祝日
学会参加等、休診日が変更になる場合があります。
ご予約・お問い合わせはこちら
かわもと総合歯科クリニックの外観
当院から皆様へご予約に関するお願い〜コロナ感染対策について
当院から皆様へご予約に関するお願い〜コロナ感染対策について
かわもと総合歯科クリニックインスタグラム
かわもと総合歯科クリニックインスタグラム
フッターオファー
© 2019 かわもと歯科・こども歯科クリニック